そそる支持体:お皿

タグ

, , ,

ほぼ平面のようで真ん中は凹み、なんとなくその凹みに沿って筆を動かしたくなるようで。
手に持って傾けて描けるのも良いのでしょうか。

こちらから何か提案する前に、つい手が動いて描きはじめてしまう方が多いように感じます。

絵皿デザイン
カミザラエザラ カミザラエザラ絵皿デザインぐるんとびー 絵皿

広告

鮮度

タグ

,

先日の子ども造形教室は、鯉のぼり。2〜3歳。

はじめての絵具、はじめてのハサミ、はじめての…
大人になった自分が今、何か新しい道具に触れたとして、こんなに新鮮に向き合って取り組めるのだろうかと、感染してくるワクワク感の中で考えていました。

考えるな!感じろ!なのでしょうか。。。

因みにこの後のクラスは小学生中心で、立体作品でした。

鯉のぼり

鑑賞の観点

タグ

,

画像は未就学児のもの。
制作中に何を感じ、どんな顔でどんな手の動きで、何が見えていたのか。

最終的に残った作品を観る側の感性が問われますが、子どもたちは視覚もさることながら身体感覚、触感を元に手を動かして、そこから心も動いていることが多いように感じます。

改めて書くと当たり前で、しかしいざ鑑賞する際には見た目の面白さにとどまりがち。鑑賞の入り口としてこちらの視覚、そこからあちらの身体感覚を想像するようにしたいと思いました。

手を動かしている本人たちは、どの感覚を使っているかと問われれば「全部」なのでしょうけれど。

asobi4

タウンニュースに臨床美術

タグ

, , , ,

毎月一回のサロンの様子を、地域情報誌「タウンニュース」にご掲載いただきました。
この日はトンパ文字を鑑賞し、その面白い形をきっかけに制作いたしました。

次回は4月8日(土)です。
お誘い合わせの上、ご参加くださいませ。

2017年3月24日(金)号 逗子・葉山版

http://www.townnews.co.jp/0503/i/2017/03/24/375584.html

s_DSC01821

他の誰にも描けない絵は誰にでも描ける 展 開催中

13903149_1071716059589916_1250485907290419384_n

今回、並べてみると3/4くらいが認知症高齢者の作品となりました。
真ん中の島を控えめにして、壁面展示が見やすくなっている分、圧倒されます。

この一角だけで100点以上。快く作品をご提供いただいた作家の皆様に感謝いたします。

「毎年クオリティが上がっている」
「美しい」
「答えがないって素晴らしい」
「空間(作品の中の余白)がいい」
「美術教育なんて受けたらこうは描けない」
「どうやったらこんな色出せたんだろう」
「なんだかまとまっている不思議な温かい空間ですね」

などなど、コメントはすべて今回ご協力いただいた皆様と共有させていただきます。

8/7(日)まで。
11〜17時ですが、最終日は16時までとなっておりますので早めにいらしてくださいね。

会場でお会いしましょう。

他の誰にも描けない絵は誰にでも描ける展

明日からの8/2 – 8/7、共に表現した方々の作品を今年も展示いたします。
場所は例年通り、ギャラリー&カフェ「ジャック&豆の木」
詳しくはチラシをご覧くださいませ。

今回の出展作家も老若男女、年齢差89歳。
“作家”以外のレッテルを貼るとすれば、認知症、社会人、介護家族、子供、お母さん、お父さん、障がい者、などですが、表現の前では皆平等。今年も何も区別せず展示します。

作品を快くお貸出しくださった皆様に感謝いたします。

会場でお会いしましょう。

design (1)

池袋東急ハンズにてワークショップ

20160717044152husie

池袋東急ハンズにて「世界に一つ、あなただけの節絵を描こう♪」ワークショップを開催いたします。

7/24(土)、8/21(日)の二日だけ。

オイルパステルという一つの画材の表現の幅をめいっぱい使って、色を模索していくようになると思います。

時間帯やお申し込みはこちらから。遊びにいらしてくださいね。
お待ちしております。

ウミシダ@まこ 塾

s_DSC08738

今月のまこ塾@藤沢。

初めにご参加いただいてから、かれこれ1年くらい。
認知症の症状は少しずつ進んでいるそうですが、創作の場では寧ろ以前より手も早くなり、自分を取り戻している感があります。解放されているというか。初めに比べるとお顔も自然でしっかりされてきた気がします。

何描いてるんだかわからないわ、というウソにもう私も騙されなくなりました。笑

海の生き物

タグ

, , ,

ウミシダ子ども造形教室作品

随分とまたブログ更新が開いてしまいました。

私の携帯電話が壊れてしまい、強制ケータイデトックス中につきご不便をおかけしておりますが、そんなことは関係なく日々作品は生まれ続けています。(そりゃそうだ)
自分も一緒にその場で制作しますが、とてもじゃないけど敵わない。人間の力と美しさに圧倒されていると、ブログ更新その他諸々も滞るってもんです。はい。

そうそう、見学や臨床美術士の方の現場お手伝いなども、随時募集しております。
どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。